分かりやすい包茎のタイプ

男性にとって包茎は繊細な問題ではありますが、日本人の7割の人がそうであるという統計もあります。包茎のイメージについて簡単にわかるサイトです。一概に包茎と言っても実はタイプ別に3種類のタイプがあり、それぞれに特徴が存在します。種類は仮性・カントン・真性の3タイプであり、まず仮性の場合は亀頭が少しは露出する程度で、勃起時には皮が自然と剥けて亀頭が露出するような軽度な場合と、勃起してもほとんど亀頭が露出しないような重度なものまで存在します。仮性包茎の場合は日常生活や性生活にはほとんど支障をきたしませが、普段亀頭が皮を被ってしまっている為、カスや菌が増殖しやすいデメリットがあります。その為衛生面においては注意が必要ですし、放っておくと菌が増殖して悪臭の原因になる場合もあります。次にカントン包茎の場合は、包皮口が狭く陰茎を締め付けてしまうことに問題があります。日常生活に支障をきたすことはありませんが、無理に皮を剥くと包皮口が戻らなくなり陰茎を締め付け鬱血していまう可能性があるので、無理やり剥くようなことはおすすめできませんし、場合によっては壊死する可能性もあるので手術などを行う方が良いでしょう。最後に真性包茎の場合は完全に包皮が陰茎を包んでしまっている状態です。この場合は自力に皮を剥くこともできない状態です。常に包皮が被っている状態なので、衛生面に問題が出てきます。菌が繁殖しやすい状態になりますので、病気の問題もありますしカスが溜り最悪の場合は癒着してしまう可能性もあります。真性の場合は医療保険の対象となりますので、完全に治療が必要だと言えます。日常生活にも衛生面などで支障をきたしますし、性生活においても感覚が鈍くなり射精に至らないことや、射精に至っても精子が子宮まで届かないことがありますので、不妊の原因になることもあります。仮性やカントンと違って真性の場合は早急に医療機関での処置をすることが必要です。このように様々な健康面や生活面でのデメリットが存在しますが、仮性やカントンの場合は保険が効かないこともあり、そのままにしている人も多いです。特に支障がなければ問題ありませんが、上記で説明したように多少のリスクはありますので、できれば早めに治療を行うことが望ましいと言えます。身体のそれも性器に関することですので、他人にはなかなか打ち明けられなかったり相談することも難しい場合が多いですが、専門の医療機関であればプライバシーも守られます。

MENU

分かりやすい包茎のタイプ